FC2ブログ

犬の皮膚が弱くてすぐに炎症が!そんなとき飼い主ができること

犬の皮膚が弱いのはなんで?フケが出る、臭いんだけど、赤い発疹が、白いかさぶたができている、その原因は?シャンプーでなおるの?うつったりしない?ちょっと心配な飼い主さんへ!犬の皮膚病の種類と症状、その対策を調べてみました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ

犬の皮膚が弱くてすぐに炎症が!そんなとき飼い主ができること

愛犬の皮膚に異常が!あなたはどうしていますか?


黒い犬 

「あれ?なんだろう、これ?」可愛い愛犬の皮膚が何だか変。
そんなときあなたはどうしていますか?

・ 皮膚の症状を観察
・ 他に異常がないか全身チェック
・ インターネットで該当する症状を調べる
・ 動物病院へ連れていく

通常はこんな感じでしょうか?
あとは、獣医さんがおっしゃるように薬を与えたり、患部に塗ったり、シャンプーしたり・・・。

それで改善されてば一安心・・・なのですが、そうはいかないことも時にはあるでしょう。

・ 先生に言われた通りにしているのに、全然よくならない。
・ また同じ薬を同じ量だけ出されたけど、本当にこれで良くなるのかな?
・ こんなにステロイドを続けて、副作用は大丈夫?

体をかきむしったり一日中患部をかんでいる愛犬の様子を見るのは、飼い主としてはとても切ないものですね。なかなか改善されないことに、不安も募ります。

獣医2 

皮膚が弱い愛犬に飼い主がしてあげられることがまだあるかも?


私の愛犬も仔犬の頃から様々な皮膚炎になってきました。幸い症状としては軽い方で、薬を使わずに体質改善で治せた脂漏症サプリメントで改善されたフケ症短期間の投薬で症状を抑えられている膿皮症などがあります。

けれど症状が重い犬の場合、別の皮膚炎を併発し複雑化して見るのもかわいそうなほどに全身に症状が広がってしまうこともあります。
早く治してあげたいけれど、飼い主ができることと言えば、かかりつけの動物病院へ連れて行き獣医さんの指示を仰ぐしかありません。

でも、本当にそれしかないのでしょうか?

動物病院に対する不安や不満・疑念が少しでもあったら、他の動物病院へ連れて行ってあげる。これが一番良いと思います。

納得のいかない治療で、もし愛犬に何かあったら後悔しても遅いです。

一番のおすすめは、皮膚科専門の獣医さんがいる病院をみつけて連れて行くことです。

普通の動物病院では、目視で症状を確認し処方薬を出すくらいですが、きちんと診ていただけるところでは、原因を突き止めるための様々な検査をしてくれます。原因がわかれば、適切な治療をほどこしてくれるので、皮膚の弱い子には皮膚専門医にかかるのが一番良いと思います。

近くにない、通えない、などの理由でどうしても無理であれば、近場で評判の良い動物病院へ「セカンドオピニオン」的に行ってみるのも一つの方法です。

獣医さんも万能ではありません。得意不得意があるでしょう。
獣医さんによっては、専門医の方と連携をとってくださる先生もいらっしゃいます。(私のかかりつけの先生がそんな感じです。)

愛犬との時間は、長いようでとても短いものです。
飼い主としてできる限りのことをしてあげたいと、思いませんか?
関連記事
スポンサーサイト

Copyright © 皮膚が弱い犬にしてあげられること!原因と対策を調べてみた All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。