皮膚が弱い犬にしてあげられること!原因と対策を調べてみた

犬の皮膚が弱いのはなんで?フケが出る、臭いんだけど、赤い発疹が、白いかさぶたができている、その原因は?シャンプーでなおるの?うつったりしない?ちょっと心配な飼い主さんへ!犬の皮膚病の種類と症状、その対策を調べてみました

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ

皮膚が弱い犬の皮膚炎予防の対策のコツ!実は当たり前の事だった

ダルメシアン 

犬の皮膚は人間と比べて非常にデリケートです。
それだけに皮膚トラブルは多く、皮膚病は動物病院受診率のトップです。

今回は、皮膚が弱い犬の皮膚炎を予防するための対策のコツを書きたいと思います。
実は意外と当たり前のことだったりするのですよ?

毎日のブラッシングで皮膚病を予防&早期発見しよう!


毎日のブラッシングは習慣的に行っていますか?
犬にブラシをかけてあげることは、毛の絡まりを抑えて血行促進する効果がありますが、皮膚を傷つけないように気をつけましょうね。

では、そのブラシの際に次のWチェックをしてあげましょう!
  • 抜け毛の量をチェックする
  • 皮膚に異常がないか確認する

【抜け毛の量をチェック】

犬の毛は季節で生え変わりをするので、抜け毛の多い時期と少ない時期があります。毎日欠かさずブラッシングをしてあげていると、抜け毛のサイクルも自然とわかってくると思います。

もし、特定の箇所の抜け毛がひどく脱毛しているようであれば、皮膚病かもしれないので注意が必要です。

【皮膚に異常がないか】

皮膚の異常を発見するには、犬の毛をかき分けないとわからない場合が多いです。ブラシのときに被毛で隠れた皮膚も確認してあげましょう。

ところで、愛犬の肌の色って知っていますか?
犬の肌の色は、ピンク色だったりグレーかかっていたりと、その犬によって様々です。

皮膚の異常をいち早く発見するコツは、愛犬の健康状態の肌の色をきちんと覚えておくことですよ?
もしも、皮膚が赤みを帯びていたら皮膚病の初期状態の可能性があります。動物病院へ連れて行ってあげて、早めの治療を心がけましょう。

ちわわシャンプー 

皮膚が弱いのは意外とシャンプートラブルが多い!?


シャンプーで清潔を保ってあげるのも、皮膚炎を防ぐコツではあるのですが。
そのシャンプー、大丈夫ですか?

  • シャンプーが原因で皮膚トラブルになる?
  • シャンプーが合わない
  • すすぎが充分ではない
  • シャンプー後に乾かしが足りない
  • シャンプーのし過ぎ

このようなことがきっかけで、かえって皮膚炎になってしまうことも少なくありません。
では、どんなシャンプーを使ってどのくらいの頻度で洗ってあげたら良いのか?

その答えは、その犬に合ったシャンプーで、その犬に合った間隔をあけて洗ってあげましょう。((+_+))わっ、わかんないよ、それじゃっ!
・・・ですよねぇ。(^_^;)

ざっくり言うと、健康な犬にはどんな犬用シャンプーを使っても皮膚トラブルさえなければ構わないですし。
皮膚が敏感な犬や、すでにトラブルを抱えている犬は、その子に合ったシャンプーを使ってあげましょう、ということです。

また、シャンプーの頻度としては、健康な犬であれば月に1~2回から数か月に1回程度で構わないでしょう。
でももし、皮膚に問題を抱えた犬ならば、かかりつけの獣医さんに確認した方が良いですよ。

ちなみに私の愛犬は1歳の頃から皮膚炎になり、治療中は頻繁に薬用シャンプーを行い、その後も(11歳の今も)月に1度は動物病院で薬浴してもらっています。

あなたの愛犬に合ったシャンプーで、合った回数洗ってあげましょうね?
皮膚炎の治療中でなければ、保湿ケアもしてあげるとなお良いと思いますよ。
治療中の場合は、獣医さんに確認してからにしましょうね?

最後に、これは健康な犬にも当てはまることなのですが、最低でも年に1回は健康診断を受けさせてあげましょうね?
何事も早期発見が、犬の皮膚炎予防の対策のコツなのです。

【皮膚炎予防の対策とコツまとめ】

  • 毎日のブラッシングで抜け毛の量と皮膚の状態をチェック
  • 健康状態の肌の色を覚えておこう
  • シャンプーのトラブルは意外と多い
  • 保湿ケアもしてあげよう
  • 最低でも年に1回は健康診断を

どうでしたか?
意外と当たり前のことだったと思いますが、とても大事なことですよ?
スポンサーサイト

犬の皮膚が弱くてすぐに炎症が!そんなとき飼い主ができること

愛犬の皮膚に異常が!あなたはどうしていますか?


黒い犬 

「あれ?なんだろう、これ?」可愛い愛犬の皮膚が何だか変。
そんなときあなたはどうしていますか?

・ 皮膚の症状を観察
・ 他に異常がないか全身チェック
・ インターネットで該当する症状を調べる
・ 動物病院へ連れていく

通常はこんな感じでしょうか?
あとは、獣医さんがおっしゃるように薬を与えたり、患部に塗ったり、シャンプーしたり・・・。

それで改善されてば一安心・・・なのですが、そうはいかないことも時にはあるでしょう。

・ 先生に言われた通りにしているのに、全然よくならない。
・ また同じ薬を同じ量だけ出されたけど、本当にこれで良くなるのかな?
・ こんなにステロイドを続けて、副作用は大丈夫?

体をかきむしったり一日中患部をかんでいる愛犬の様子を見るのは、飼い主としてはとても切ないものですね。なかなか改善されないことに、不安も募ります。

獣医2 

皮膚が弱い愛犬に飼い主がしてあげられることがまだあるかも?


私の愛犬も仔犬の頃から様々な皮膚炎になってきました。幸い症状としては軽い方で、薬を使わずに体質改善で治せた脂漏症サプリメントで改善されたフケ症短期間の投薬で症状を抑えられている膿皮症などがあります。

けれど症状が重い犬の場合、別の皮膚炎を併発し複雑化して見るのもかわいそうなほどに全身に症状が広がってしまうこともあります。
早く治してあげたいけれど、飼い主ができることと言えば、かかりつけの動物病院へ連れて行き獣医さんの指示を仰ぐしかありません。

でも、本当にそれしかないのでしょうか?

動物病院に対する不安や不満・疑念が少しでもあったら、他の動物病院へ連れて行ってあげる。これが一番良いと思います。

納得のいかない治療で、もし愛犬に何かあったら後悔しても遅いです。

一番のおすすめは、皮膚科専門の獣医さんがいる病院をみつけて連れて行くことです。

普通の動物病院では、目視で症状を確認し処方薬を出すくらいですが、きちんと診ていただけるところでは、原因を突き止めるための様々な検査をしてくれます。原因がわかれば、適切な治療をほどこしてくれるので、皮膚の弱い子には皮膚専門医にかかるのが一番良いと思います。

近くにない、通えない、などの理由でどうしても無理であれば、近場で評判の良い動物病院へ「セカンドオピニオン」的に行ってみるのも一つの方法です。

獣医さんも万能ではありません。得意不得意があるでしょう。
獣医さんによっては、専門医の方と連携をとってくださる先生もいらっしゃいます。(私のかかりつけの先生がそんな感じです。)

愛犬との時間は、長いようでとても短いものです。
飼い主としてできる限りのことをしてあげたいと、思いませんか?

皮膚が弱い愛犬は1歳のときから皮膚病にかかり様々な症状が・・

レトリバー

皮膚が弱い愛犬の病歴を振り返ると気づいた症状だけでも結構あった

愛犬を仔犬の頃から飼いはじめてから11歳になる今まで、本当に皮膚トラブルが多いです。

1歳になったばかりのころには、脂っぽいタイプの脂漏症になりました。
それ以外にも、お腹にボツボツ赤い発疹がよくできたり、指の間をなめているのを見て確認すると真っ赤になっていたり、耳の中が赤くなっていたり、背中全体からフケのようなものがポロポロでてきたり・・・。
今現在も、お腹を中心に膿皮症が絶え間なくできている状況です。

そして、良いのか悪いのか・・・愛犬はあまりかゆがることがありません。
良い面は、かゆがってしきりに気にしてかき壊すようなことがあっては、更に悪化してしまう可能性があるので、その点は良かったと思います。
悪い面は、皮膚が炎症をおこしていても愛犬にその仕草がないので、飼い主である私が気づかないこともあるという点です。

実際に、耳のときは気づかずに薬浴に行ったとき、獣医さんに「耳が悪いですね」と言われて『え? 耳が悪い!?』((+_+))年とって難聴になったの!?・・・と、勘違い!(笑)
そのときは、薬を塗ってもらいにしばらく通いました。(^_^;)

もし炎症に気づいたとしても、かゆがっていないから「たいしたことないかな?」と考えてしまいがちなのですよね?
だから、たいていは数日様子をみて症状がおさまらないようなら病院へ連れて行く、という感じになってしまいます。

診察2


皮膚が弱い子は完璧に予防するのは難しいのかな!?

愛犬が1歳で脂漏症になったときのこと。
被毛がベタベタになっていたので、シャンプーしてあげました。それなのに、翌日にはもうベタベタ。

なんでこうなってしまうのかわからず、動物病院へ連れて行くと、脂っぽいタイプの脂漏症でした。
まだ1歳という若さだったので、当時の獣医さんが薬で治すのではなく体質改善してみましょう、と言って下さいました。当時はとても大変でしたが、その甲斐あって、今ではベタベタすることが一度もなくなりました。

以来、今も欠かさず月に一度は薬浴に通っています。

そのへんの詳しいお話は、また・・・。(続く)

Copyright © 皮膚が弱い犬にしてあげられること!原因と対策を調べてみた All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。